二重を手に入れる方法

美容

日本人は遺伝子の影響により、幅の狭い奥二重や腫れぼったい一重の人が多く見られます。芸能人のようにぱっちりとした二重に憧れている人は、プチ整形で理想の二重を手に入れることが可能です。プチ整形と言っても、最近では術後数日で腫れが引いたり、見た目も手術したことがわからないような自然な仕上がりになることが一般的になってきたため、一昔前よりも施術を受ける患者が増えています。二重をつくるための手術には埋没法や切開法などがあり、瞼の状態や希望する二重の形などで方法を選択することが可能です。

まわりに整形したことを悟られないようにしたい人は少なくありません。整形を受ける人が増えているとは言え、やはり他人の目は気になるものです。二重手術の中でも術後の腫れが出にくい方法が埋没法で、手術も短時間で終わるのが特徴です。切開を必要とせず、糸で縫い合わせて二重の線を固定するという治療なので、リスクも費用も抑えることが出来ます。気に入らなければ糸を取ったり、二重幅を決め直すことも可能です。しかし、人によっては半年ほどで糸が解けて効果がなくなってしまうケースもあります。

瞼を切開して二重の線を形付けることが可能な切開法は、幅の広いくっきり二重になりたい方に最適です。埋没法とは異なり、一度手術をすれば半永久的にその効果を持続させることが出来ます。しかし、術後のダウンタイムは長く、なかなか腫れが引かないというデメリットもあります。一度手術してしまうと埋没法のようにやり直しがきかないので、医師とよく相談をした上で手術を受けることが大切です。