HOME>口コミ>免疫沈降で病気が判明した人からの声をチェック!

免疫沈降で病気が判明した人からの声をチェック!

ドクター

皆さんは、最近耳にするようになった免疫沈降法について知っているでしょうか。免疫沈降法を知らないという人のために、ここでは実際に免疫沈降法を受けた人の体験談を紹介していきます。

この話題の口コミ

免疫沈降法のお陰で早期発見!

これは今から、約7、8年前くらいの事になります。ちょうどその頃、大学卒業以来とくに大した病気などにも掛かった事はありませんでしたが、ある時期から鼻の奥部分より、頻繁に鼻水が毎日のように出て、ハンカチやティッシュペーパーなどが手放せない状態が続くような事態になりました。特に喘息のような症状とも異なり、咳き込んだりする事も無い状態での鼻水が止まらない症状でしたので、一応、耳鼻咽喉科へ通う事になりました。そこの先生の診断では当初は、逆流性胃腸炎による胃酸がもたらす口内炎と診断されましたが、一向に治る気配が当時はありませんでした。そうした中、このような症状が何か他に原因があり、別な医療機関での検査を受けてみる必要があるのではと考えるようになり、ネットで調べてみました。すると、ある大きな病院が実施をしている「免疫沈降法」という名前の検査法の記事を見つけて、そこの病院へ検査の申込を行いました。そして後日検査を実施してもらい、3、4日くらいしてから結果が来ましたが、なんと、鼻腔ガンの軽度のものである事が分かりました。このおかげで手術も無事に終り、早期発見につながりましたので、とても感謝をしています。
【30代|女性】

アレルギーを特定することができました♪

これは今から、20年くらい前の頃の話になります。生まれてこの方自分は、一度もアレルギーも掛かった事がありませんでした。しかし、大学を卒業して当時の職場に入り4年目に差し掛かったある時期の頃、ある日いきなり、体のあちこちが痒くなり赤みを帯びたりし始めました。それまでは何ともなかったので、皮膚病か何かだと最初は考えて、皮膚科の病院へ通院する事にしました。しかし、そこで衝撃的な事実が専門医の先生による診断で判明します。そこの皮膚科の先生が全身の痒みと赤みの事を話すなり、表情が険しくなり、ここでは治療が出来ないとして、ある大病院への検査や通院を勧め、紹介状なども書いて頂きました。そしてそこの大病院へ行き、最初に免疫沈降検査というものを受けましたが、これが実は、この時の赤みと痒みからなる原因であった、セザリー症候群の早期発見につながります。この免疫沈降法をそこの大病院でしてもらった事と、最初に皮膚科の先生が気付いてくれたおかげで、本当に助かりました。
【40代|男性】